HOME>>生活習慣病ってなに?

生活習慣病(メタボリックシンドローム)

糖尿病 ・ 脳卒中 ・ 心臓病 ・ 高脂血症 ・ 高血圧 ・ 内臓脂肪型肥満など、不規則な生活習慣がこれらの発症原因に深く関わっていると考えられている疾患の総称を生活習慣病と言います暴飲暴食

数十年前までは、がんや心臓病、脳卒中とか高血圧などの病気が40~60歳くらいの働き盛りに、発症率と死亡率が高く、これまでは成人病(せいじんびょう)と呼ばれていました。「がん」「脳卒中」「心臓病」は『3大成人病』とされ、企業検診などで早期発見、早期治療の体制が進められていましたが、子供にも成人病の発症率が増えてきた事で、病気の原因が日常の生活習慣の影響が大きく関係している事が判りました。その為、1996年頃、『生活習慣病』と改めました。病名が生活習慣病とした背景には、日頃の不規則な生活習慣を見直し、病気の原因を作らないよう予防する意識を高める為でもあります。
ちなみに、メタボリックシンドロームとは内臓脂肪肥満症の事を指します。内臓に脂肪が蓄積する事によりインスリンの働きの低下が起こり、糖尿病高血圧動脈硬化などの病気になりやすくなっている状態です。生活習慣病は、遺伝的な要因もありますが、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどが深く関わっています。言いかえれば、普段の生活習慣を見直し、生活習慣を改善することにより、病気を予防し、症状が軽いうちに治すことも可能なのです。 現代社会では、さまざまな要因から生活習慣病患者および生活習慣病予備軍と呼ばれる方々は増加する一方で日本人の3分の2が生活習慣病で亡くなっているのが現実です。